お風呂のカビ対策

カビ取り洗剤を使用する

お風呂のカビを取るのに、多くの方がカビ取り専用のかなり強力な洗剤を使用すると思います。洗剤の種類も豊富になっていますし効果も様々ですね。使ってみないと分からないということで、たくさん試した経験があるでしょう。しかし、それで満足出来たというケースは少ないですね。

昔から使われている方法を考えても、現代風のお風呂には適用できない方法が多いので難しいところです。クエン酸などの酸性物質がカビに効果を示すと言われるので試してみると、パーフェクトではないですが効果も実感します。

食用と掃除用のクエン酸が販売されているので、その粉を水に溶かして使用します。スプレーできるようにしておき、吹きかけて時間をおいてから洗い流すという方法でもかなり改善されると考えて良いでしょう。

これは一例であって、中には重曹が効果を示すと言って対策をしている人もいますので、まだまだ方法がたくさんありますね。よくミカンの皮でこすると浴室内の鏡がキレイになると聞きますよね。柑橘系のものにはそういった効果も含まれているようです。

換気扇などで乾燥させる

換気扇を使用して浴室内を乾燥をさせるのも大事なことです。あまりにも湿気がこもる時には、簡易小型除湿器を入浴後に置いているという人までいます。効果の方はある程度出ているようです。換気をするのは欠かせない要素ではあります。

また浴室の壁や浴槽などを入浴後にシャワーで流し、タオルなどで水分を拭きとってくるだけでもカビの繁殖を抑制することは出来ます。カビは酸性に弱いので、クエン酸などを希釈してスプレーボトルに詰めたものを吹きかけるのも有効な手段ではあります。多少酸っぱい臭いになりますが、換気扇をプラスして使用すると臭いも軽減されるでしょう。

重曹の使用についてはシンク汚れにしか試したことがありませんが、同じ水回りでもありますので、これも試してみる価値がありますね。手元にあるものでも意外なカビ対策をすることは可能です。

お風呂のカビ予防にはカビちゃんバイバイがおすすめです。置いておくだけでカビを予防してくれます。手軽さが魅力!お風呂用あり。

このページの先頭へ