カビの生えにくいお風呂の建材

カビが生えにくい建材とは

カビの胞子というのは浴室内でも空気中に舞っているものなのです。それは建材を栄養として、また水滴などの水分を好んで付着し、栄養をえるようになっています。

そうするとお風呂の建材を変えることによって、そのカビの付着率、繁殖率を抑えられるのではないかという発想も出来ます。現在お住まいのところがどういった状況下によっても変わります。

既に建築してしまっているものについてはリフォームでしか改善できないでしょうが、これから新築を検討している場合には、このお風呂の建材選びを検討してみるのも良いでしょう。

最近では吸湿性に優れている建材が出てきています。水分をサッと吸ってしまい、表面をサラサラにしてしまうタイプですね。

結露なども予防できることから、建物全体に使用される方もいるようです。価格としては少々割高ですが、今後のお手入れを考えるとかなり労力のロスが抑えられるでしょう。

リフォームってできるの?

さて、多くの方は既に立てている戸建てや、マンションにお住まいで浴室のカビに悩んでいますよね。建材の紹介をされても仕方がないというケースも多いでしょう。そこで活用できる方法としてはリフォームやその他の方法になります。

賃貸でなければある程度のリフォームも可能ですので、売り主に相談して検討していくのも良いですね。価格としてはあまり安くはないですし、賃貸の場合には活用できない方法です。カビを予防、駆除をこまめにしていくしか方法としてはないと言うことになります。

ある研究では、シートを壁に貼っておくことによって、浴室内のカビを徹底的に予防できると言うものが開発されているようですね。吸湿性もあって、カビの温床となる湿気を予防するとも言われています。

検証データが詳細ではないので、全てに対応しているのではないと思いますが、使用してみる価値があると思います。一部商品化されているので、一度試してみると良いでしょう。

お風呂のカビ予防にはカビちゃんバイバイがおすすめです。置いておくだけでカビを予防してくれます。手軽さが魅力!お風呂用あり。

このページの先頭へ