頑固なカビ汚れには?

ティッシュでパックをしてみる

頑固なカビ汚れに関してはお風呂用洗剤を染みこませたティッシュ、またはその部分にティッシュを当ててスプレー塗布するとパックが出来ます。これで1時間程度放置してからお掃除をするとカビを取りやすくなりますね。それでも効果のない場合には、カビ取り用洗剤を使用してもう一度パックしてみましょう。

強力な洗剤は基本的にあまりおすすめしませんが、使用する場合には注意事項を守って使用しなくてはいけませんね。よく「混ぜるな危険」と注意事項の掲載されているものがあります。この場合は一般的なお風呂用洗剤のパックをした後に、必ずシャワーなどで洗い流し、その痕跡がない状態で専用のカビ取り洗剤を使用するようにして下さい。

いずれの場合でも換気やゴム手袋などは使用した方が良いでしょう。目の保護にもゴーグルが欲しいところですが、なければメガネやサングラスでも構いません。飛び散ったものが入らないようにして下さい。

強いカビ取り洗剤は大丈夫?

強いカビ取り洗剤はかなり注意して使用しなくてはいけませんね。ゴーグル、マスク、ゴム手袋の着用は必須ですし、換気は絶対にして下さい。また、忘れがちな足下ですが、お風呂専用のシューズやサンダルのようなものがありますので、これも着用を忘れないようにしましょう。

洗剤を洗い流せば、下の方に流れてきますよね。裸足では洗剤の影響を受けてしまいますし、害がありますので注意が必要でしょう。強いカビ取り洗剤の効き目については期待出来ますが、その使用方法には厳重な注意が必要ですのであまりおすすめしたくない方法となっています。どうしてもという場合には、落ちにくいカビに対してピンポイントで使用して行って下さい。

カビは目立たないところや、一見して問題のないところでも、生える条件が整っていれば増殖しますので、隅々まで掃除はしますが、全体的にカビ取りの強い洗剤を使用することは好ましくはないですね。

お風呂のカビ予防にはカビちゃんバイバイがおすすめです。置いておくだけでカビを予防してくれます。手軽さが魅力!お風呂用あり。

このページの先頭へ